生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは、食事、運動、喫煙、睡眠、飲酒、ストレスなどの生活習慣が原因となって発症します。
悪い生活習慣がさまざまな病気を引き起し、進行すると命に関わる危険性が高い病気です。
生活習慣病になった場合は、悪化しないようにうまく病気と付き合い、コントロールしていくことが大切です。
現在はさまざまな治療薬があり、生活習慣の改善と薬物療法を組み合わせて、効果的な治療が可能です。

代表的な生活習慣病

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症(脂質異常症)
  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 慢性閉塞肺疾患(COPD)
  • メタボリック症候群

生活習慣病を予防するために

適度な運動を継続すること、バランスの取れた食生活を送ることが予防の基本です。
喫煙の習慣がある方は禁煙し、ストレスをうまく発散し、十分な休養と睡眠を取り、お酒は飲みすぎないようにしましょう。
生活習慣病の多くは自覚症状がないまま進行するため、定期的に健康診断を受けて、自分の身体の状態を知ることが大切です。

当院では、地域の皆様の健康と豊かな生活をサポートするため、生活習慣病の予防を促進しています。気になることがあれば、どんなことでもご相談ください。

ダイエット外来

当院では生活習慣病の一環としてダイエットのご相談にも対応しております。
ダイエットを行うには正しい方法と正しい知識がないと、過度なダイエットを行い体調に悪影響を及ぼす場合もあり最悪の場合命に関わる事もあり、当院では食生活の改善やサプリメント療法など健康状態を考えながら一人一人合わせたダイエット方法を提案しております。
また、バランスの良い食事と適度な運動を行うことによりダイエット効果だけではなく、生活習慣病の予防にも繋がる為、以下のお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談下さい。

  • なかなか痩せられない。
  • ダイエットを始めてから最近体調が優れない。
  • 偏った食事でダイエットしている。
  • 便秘が治らない。
  • ダイエットを初めて肌荒れがひどくなった。
  • 貧血ぎみ
  • 月経不順
  • 摂食障害

日本人の食事摂取基準

カロリー摂取の目安(1日)
40歳男性 2,300kcal   40歳女性 1,750kcal

厚生労働省は、エネルギー摂取量の指標について、身長と体重から算出するBMI(体格指数)で目標を示し、それを維持できる量を定める方針を出しています。個人による体格の違いを反映させ、生活習慣病の予防・改善につなげることを目指しています。

目標とするBMIの範囲

年齢目標とするBMI(kg/㎡)
18~49 18.5~24.9
50~69 20~24.9
70以上 21.5~24.9

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
(出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」2015年版)

  • 医院ブログ
  • お問合せはこちら