循環器内科

よくある症状

このような症状がある方はご来院ください。

  • 胸痛がある
  • 動悸がする
  • 呼吸が苦しい
  • 脈が乱れる
  • 血圧が高い
  • 胸のあたりに不快感がある
  • 全身に倦怠感がある

主な検査

レントゲン検査

心臓の形、大きさ、脈拍を調べます。

心電図

体に電極を付けて、心臓の状態を調べる検査です。
不整脈や心筋梗塞などの診断に用います。
心臓の動きを24時間測定する「ホルター心電図」検査を行う場合もあります。

心臓超音波検査(心エコー)

心臓に高い周波数の音波をあて、心臓や血管の状態を調べる検査です。
心臓の機能が動画で確認でき、心筋梗塞、心筋症、弁膜症などの発見に役立ちます。

血圧脈波検査

血液の速さや四肢の血圧の差を測って、血管の硬さや血管の詰まり具合を測定し、血管年齢を調べる検査です。

眼底検査

眼底の動静脈の変化を見て、動脈硬化や高血圧による血管の状態を調べます。

循環器の疾患

  • 高血圧
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 高脂血症
  • 不整脈
  • 心筋症
  • 心臓弁膜症
  • 先天性心疾患
  • 糖尿病など

主な疾患と治療法

高血圧

高血圧とは

血液が全身に送り出されるときに血管にかかる圧力(血圧)が、基準値よりも高い状態が続くことをいいます。

症状

高血圧には、はっきりした自覚症状がないため、気がつかないうちに進行し、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を引き起こしてしまうことがあります。
頭痛、めまい、肩こり、動悸、むくみなどを感じることもありますが、高血圧特有の症状ではないため、早期発見が難しい疾患です。
定期的に健康診断や血圧測定を行い、早めに発見をすることが大切です。

原因

血圧の原因は、遺伝や生活習慣にあると考えられています。
運動不足、塩分の過剰摂取、肥満、睡眠不足、喫煙、ストレスなどが、高血圧の危険因子になります。

検査

血圧測定、尿検査、血液検査、心電図、胸部レントゲンなどを行います。

血圧の測り方

血圧は時間や状況によって変動するものです。
正しい血圧を知るためには、リラックスした状態で毎日同じ時間に計測し、1~2カ月続けてパターンをつかみます。
最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上であれば高血圧と診断されます。

≪正常な血圧≫
最高血圧 100~130mmHg
最低血圧 70~90mmHg

治療

薬物療法と生活習慣の改善の2本柱で治療を行います。
患者様一人ひとりの状態に合わせて治療プランを立て、定期的に通院していただき、正常値の血圧をキープできるようにしていきます。
運動不足、塩分の過剰摂取、肥満、睡眠不足、喫煙などの生活習慣を修正するとともに、降圧薬によって血圧を下げます。

狭心症

狭心症とは

心臓の周りにある冠動脈の血流が悪化し、心臓が酸欠状態になって起こる疾患です。

症状

階段を上がったり、運動をしたりしたときに胸に痛みを感じたり、締め付けられるような感じがします。胃のあたりや背中の痛み、歯が浮くような感じ、吐き気、呼吸困難、左肩のしびれなどの症状がでることもあります。
痛みの程度は、違和感がある程度から冷や汗が出る強い痛みまでさまざまです。
発作の持続時間は、30秒から15分程度のことが多いです。
安静時でも痛みがある場合や、発作が長く続く場合は、狭心症が進行しており、心筋梗塞を発症する可能性が高いため、注意が必要です。

原因

冠動脈の血管壁にコレステロールなどがたまり、血管の内側が狭くなって(血管狭窄)血液が流れにくくなることで発症します。
血管狭窄の原因は、高血圧、高脂血症、糖尿病などによって引き起こされる動脈硬化です。コレステロールは、加齢や不規則な生活習慣によってたまりやすくなります。

検査

胸部レントゲン、心電図、心エコー、血液検査、ホルター心電図などを行います。

治療

薬物療法が基本となります。薬で改善しない場合には冠動脈造影検査を受け、手術(冠動脈バイパス術)や風船療法(冠動脈形成術)を検討することになります。

狭心症の薬

[血管拡張薬]……冠動脈を広げて血流をよくする働きと、全身の血管も広げて心臓の負担を軽くする働きがあります。
[ベータ遮断薬]……興奮する神経である交感神経の活動を抑え、血圧を低くして心臓の負担を軽減します。
[抗血小板薬]……冠動脈の動脈硬化を抑え、心筋梗塞を予防します。血小板の活動を抑えるため、血栓ができにくくなります。

心筋梗塞

心筋梗塞とは

冠動脈の血流がほとんど止まってしまい、心臓の酸欠状態から心筋の一部が懐死するほど悪化した状態です。

症状

胸に強い圧迫感や激しい痛みや起こり、肩や背中などにも痛みが広がります。
呼吸困難、冷や汗や吐き気を伴うこともあります。短時間で治まる狭心症と違って、安静時に30分以上胸の痛みが続きます。
心筋梗塞の発症は、早朝や冬場に多く見られます。急な温度差で血圧に大きな変動を生じ、心臓に負担がかかるためと考えられています。
命にかかわる病気なので、心筋梗塞が疑われるときはすぐに受診しましょう。

原因

心筋梗塞は、動脈硬化の進行や、血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができてしまうことで発症します。動脈硬化は、運動、食事、ストレス、喫煙などの生活習慣が大きく影響しています。

検査

胸部レントゲン、心電図、心エコー、血液検査、ホルター心電図などを行います。

治療

塞がってしまった冠動脈を開通させる「再灌流療法」を行います。迅速かつ確実な治療が重要であり、発症から6時間以内に実施して成功することが最も有効です。

高脂血症(脂質異常症)

高脂血症とは

血液中のトリグリセライド(中性脂肪)が多い高中性脂肪血症、LDLコレステロールが多い高コレステロール血症、HDLコレステロールが少ない低HDLコレステロール血症があり、3つのうちひとつでも当てはまると高脂血症と呼ばれます。

症状

はっきりした自覚症状がないため、気がつかないうちに進行してしまう危険性があります。高脂血症を放置しておくと、血管の内側に脂質がどんどんたまり、動脈硬化や脳卒中を引き起こす恐れがあります。

原因

高脂血症の主な原因は、高カロリー高脂肪の食事と運動不足です。遺伝によるものもありますが、肥満、栄養の偏り、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣が大きく影響しています。

検査

血液検査で血液中のコレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロール値を測定します。

治療

血液をサラサラな状態に保つ食事と、有酸素運動が最も有効です。
薬も併用しながら、生活習慣の改善を図ります。

  • 医院ブログ
  • お問合せはこちら